奥多摩の渓谷に広がる神秘の人造湖「白丸湖」

鏡のような湖面が魅力の美しい湖

白丸湖の紅葉白丸湖の紅葉

奥多摩町のダム湖と言えば、小河内ダムによって多摩川をせき止めた奥多摩湖が有名ですが、少し下流にある白丸湖も白丸ダムによって誕生した人造湖。

正式名称はそれぞれ「白丸調整池」「白丸調整池ダム」と言い、多摩川第三発電所で使用する発電用の水を確保しています。

渓谷に沿って東西に細長く広がるエメラルドグリーンの湖。

その穏やかな湖面はまるで鏡のようで、 青い空や周囲の山々、季節の花や樹木を映し出す神秘的な眺め。

規模は小さいながらも湖の美しさは訪れる人々の心を魅了します。

特に素晴らしいのは春から初夏にかけての新緑と、秋の紅葉の時期。

春の訪れとともに鮮やかな若葉が湖を囲み、深い緑色の湖面とのコントラストがすばらしく、そよ風に凪ぐ湖面もキラキラと輝き、いつまでも眺めていたくなります。

そして、10月下旬から11月にかけては赤やオレンジ、黄色と色とりどりに染まった木々が湖畔を彩り、小さな湖が華やぐ季節。

秋晴れの日には周囲の風景が逆さまにくっきりと映し出され、湖の中でも紅葉や秋晴れの青空が楽しめます。

何だかもうひとつの世界が存在するような不思議な気持ちになりますね。

     

関連サイト

奥多摩町|パンフレット・ガイドマップ
青梅商工会議所|青梅・奥多摩エリアマップ|川井~白丸

地下を流れる壮大な「魚道(ぎょどう)」

白丸湖をせき止めている白丸ダムは細長い湖の東側の渓谷に挟まれて建っています。

発電専用の小さな重力式コンクリートダムで、 木々に溶け込むように佇む白い建物が印象的。

見学者用の駐車場もあり、周囲は散策路が整備されているので、建物を間近で見ることが出来ます。

ダムの構造自体は珍しくはないのですが、下流から魚が遡上(そじょう)するために造られた日本最大級の「魚道(ぎょどう)」が見どころとなっていて多くの見学者が訪れています。

白丸ダムの魚道白丸ダムの魚道

魚道とは川を上流へと遡上する習性のある魚がダムによって遮断されないように造った水路。

白丸湖の魚道は高低差27m、長さ330mという壮大な規模。

見学の際にはダムの駐車場近くにある管理棟内から、地下に向かってどこまでも続く螺旋階段を降りて地下に向かいます。

白丸ダム魚道へのらせん階段白丸ダム魚道へのらせん階段

上からのぞくと吸いこまれそうなその高さにはびっくり!

ぐるぐると長い階段を降りてようやく地下にたどり着くと、夏でもひんやりとした涼しく、目の前をコンクリートで造られた人工の川が流れています。

ダムの地下をくぐり抜けて白丸湖畔を通ってさらに上流へと向かう、長い長いお魚専用通路。

これまでにヤマメ、イワナ、ウグイなどの魚達がこの水路を遡上する姿が確認されているそうです。

関連サイト

東京交通局|白丸調整池・白丸調整池ダム

美しい湖上を自由自在に散策する「カヤック体験ツアー」

白丸湖は飲料水用の貯水池ではないため、湖での釣りやレイクレジャーも盛ん。

上流部では流れも速くヤマメやイワナ、ニジマスなどの渓流釣りが楽しめるため、休日は多くの釣り人を見かけます。

カヤックのメッカとしても有名な湖。

奥多摩町の中心を流れる多摩川上流はカヤックのレースも行われる激流ですが、穏やかな白丸湖はカヌーでゆっくり景色を楽しむ人や、初心者の練習に最適な場所です。

湖面でのカヤック練習風景湖面でのカヤック練習風景

毎年3月から11月頃のシーズンになるとカラフルなカヌーが湖のあちこちに浮かびます。

初めての人には元日本代表選手が指導してくれる初心者向けのカヤック体験ツアーがおすすめ。

半日体験のショートコースと1日体験のロングコースがあり、カヌーを漕ぐパドルの持ち方や乗り降りの方法などの基本動作から、丁寧に教えてもらえます。

湖畔でひと通りのレクチャーを受けた後に、いざ出発の際にはドキドキしますが、すぅっと水面に滑り出した時の感動は最高です。

30分くらい漕いでいるとコツも覚えて自由に動けるようになりますよ。

目に映るのはエメラルドグリーンの湖と青空、緑豊かな木々だけ。

絶好のロケーションに抱かれながらの湖上散歩はすばらしい体験になります。

関連サイト

特定非営利活動法人 奥多摩カヌーセンター|白丸湖カヤック体験ツアー

さて、観光スポットは決まりましたか?
観光スポットが決まったら次は移動手段を決めましょう。
私がおススメするのは『貸切バス』です。
高いイメージがあるかもしれませんが、人数に合わせてバスのタイプをうまく選択すれば 安く済みますよ。

ツアーコンダクターがプライベートでも使用するバス

このページの先頭へ