Warning: preg_match(): No ending delimiter '^' found in /home/usuyakipan/fujiyou-koutuu.com/public_html/sightseeingspot/wp-content/themes/keni62_wp_corp_140908/module/facebook.php on line 231

ダイヤと花の大観覧車「葛西臨海公園」

「葛西臨海公園」は、東京湾葛西沖の埋め立て・開発事業により誕生した東京都管轄の海浜公園です。

総面積約81万平方メートルという都内屈指の広大な敷地に、水族館や鳥類園、東京湾を一望する展望広場や大観覧車などが建ち並ぶ、緑と水のテーマパーク。

アクセスも、JR京葉線の葛西臨海公園駅より徒歩1分と便利です。

葛西臨海公園駅と噴水

葛西臨海公園駅と噴水

車での利用も約2700台の大駐車場が完備され、休日になると家族連れを中心に多くの行楽客で賑わいます。

駅の南口のすぐ目の前から、公園のメインストリートである「海へのプロムナード」が南へと向かって延びています。

右手には噴水があり、その背後にそびえ立つのは公園のシンボル「ダイヤと花の大観覧車」

公園のシンボル「ダイヤと花の大観覧車」

公園のシンボル「ダイヤと花の大観覧車」

地上117mという国内第2位を誇る高さがあり、近くで見上げると迫力満点。

頂上付近からは東京ディズニーランドやレインボーブリッジはもちろん、東京スカイツリーや新宿都庁ビルなど都内の有名スポットを一望。

天気の良い日には、房総半島や富士山も望む素晴らしい空中散歩を存分に満喫出来ます。

夕暮れに浮かび上がるシルエットや、華やかなライトアップも魅力的で、東京湾岸沿いの風景に欠かせないランドマークですね。

大観覧車のある公園西北部は芝生広場ゾーンと呼ばれ、季節の花が咲き誇るお花畑が整備されています。

春は菜の花、秋はコスモスが地上を彩り、まるで華麗なじゅうたんのようです。

菜の花畑

菜の花畑

公園内には約20万本もの水仙も植えられていて、可憐な花を咲かせる1月~2月には「水仙祭り」も開催されます。

水仙祭り

水仙祭り

  

関連サイト

GO TOKYO|葛西臨海公園 ダイヤと花の観覧車

江戸川区|江戸川区散策ガイド「えどぶら」

見どころたっぷりの水族館と鳥類園

メインストリートを挟んで芝生ゾーンとは反対側となる、公園の東側エリアには、水族館ゾーンと鳥類園ゾーンがあります。

水族館ゾーンに建つ「葛西臨海水族館」は東日本を代表する人気の水族館。

ヨットの帆をイメージした「葛西臨海水族館」

ヨットの帆をイメージした「葛西臨海水族館」

年間来場者数日本一、という名誉ある記録も持っています。

水に浮かぶように建つガラスドームや、ヨットの帆をイメージした建物が印象的。

館内には「北極・南極の海」や「世界の海」などをテーマに、世界各国の海の生物を観察することが出来ます。

中でも2200トンのドーナツ型大水槽を泳ぐクロマグロやカツオの群れは圧巻。

ドーナツ型大水槽

ドーナツ型大水槽

世界最大級のペンギン展示場「ペンギンの生態」では、100羽のペンギンを陸上と水中どちらからも観察できます。

泳ぎ回る様子もかわいらしく、岩場でくつろぐペンギンのゆるい姿も愛嬌があり、時間が経つのを忘れそうですね。

岩場で寛ぐペンギン

岩場で寛ぐペンギン

水族館の屋上は展望台になっていて、自然豊かな園内や東京湾を見渡せます。

また、公園東側の広い面積を占める鳥類園ゾーンは、森や草原を人工的に造営した緑豊かな楽園。

木々に囲まれた中には淡水池「上の池」と、汽水池「下の池」があり、年間を通じてさまざまな鳥類が飛来してきます。

周囲には「ウォッチングセンター」をはじめ、観察舎や観察窓など野鳥観察のための施設が点在していますので、バードウォッチングに挑戦してみましょう。

鳥類園のダイサギ

鳥類園のダイサギ

   

関連サイト

公園へ行こう!|葛西臨海公園 園内マップ

GO TOKYO|葛西臨海公園
                

美しい海の風景を満喫するスポット

公園の南に広がる海沿いは汐風の広場ゾーンと呼ばれ、東京湾の潮風を一番感じるエリアとなります。

「展望広場」と名付けられた小高い丘の上には、全面ガラス張りの展望レストハウス「クリスタルビュー」が建ち、絶好のビュースポットとなっています。

クリスタルビュー通路部分

クリスタルビュー通路部分

キラキラ輝く建物と、緑の芝生とのコントラストが美しいですね。

近くには東京水辺ラインの発着所があり、水上バスでお台場海浜公園へ向かうことも出来ます。

駅から続くメインストリートは、クリスタルビューの地点で終わりとなりますが、汐風の広場ゾーンからさらに南へと向かう第2のメインストリートがあります。

この道を真っすぐ歩いていくと、ヨットの帆柱をイメージした塔が目印の「葛西渚橋」が見えてきます。

葛西渚橋

葛西渚橋

その先に海を挟んで隣接するのが、「葛西海浜公園」です。

葛西海浜公園には、人工的に造られた「西なぎさ」「東なぎさ」の2つの干潟があります。

東なぎさは自然保護のため立入禁止ですが、葛西渚橋を渡って行ける西なぎさは、散策や磯遊び、潮干狩りが楽しめます。

海に囲まれて浮かぶ細長い形の砂浜は眺望も抜群で、「日本の渚百選」にも選ばれた絶景スポット。

夕暮れ時になると東京湾の水平線に沈む、オレンジ色の夕陽に心が癒されます。

葛西海浜公園の夕暮れ

葛西海浜公園の夕暮れ


    

関連サイト

日本の森・滝・渚全国協議会|日本の渚100選

江戸川区|葛西臨海・海浜公園 葛西臨海水族館

さて、観光スポットは決まりましたか?
観光スポットが決まったら次は移動手段を決めましょう。
私がおススメするのは『貸切バス』です。
高いイメージがあるかもしれませんが、人数に合わせてバスのタイプをうまく選択すれば 安く済みますよ。

ツアーコンダクターがプライベートでも使用するバス

このページの先頭へ