貸切バスの歴史

貸切バス及び路線バスの歴史

市営の路線バス、業務としての行楽送迎の貸切バス、両者のシェアの歴史は入り組んでいると言っていいと思います。
わが国で、一番最初に利用されたバスの交通機関としての例は、貸切バスとしての意味合いでした。
最初のバスの登場は、明治36年の上半期に大阪で開催されました
"内国勧業博覧会"での旅客輸送のために梅田と天王寺を結ぶものでした。

本格的にバス業務が登場するのはその二年後の京都での一般市民向けの路線バスですが、二井紹会によって開設された業務も諸問題から業務停止の勧告を受け、少し期間を開けて本格業務はスタートしていきます。
発足当初の貸切バスや路線バスはバスとしての車両の機械的なトラブルや、一般への車両利用の不慣れな社会状況によって開業はするわ、しかし長続きしない状況といったものが付きまとっていきます。

バス運用に関して決定的な転機となったのは、大正15年の関東大震災でした。
鉄道によって一極支配されていた運搬業務も鉄道は寸断されて、対応策として道路を資材や人員を乗せて運ぶ手段としてバスが臨時的に採用され大規模導入となります。

戦前、戦後と大きくバスを利用するシェアは安定していき、地方都市の私鉄業者が地方の路線バスを次々とビジネス化していきます。
なかでも観光業者は貸切バスをどんどん観光業の主軸として利用するビジネスの活性化を図り、一個人で利用するバスの移動手段として安全性やコストなどの面で、観光会社や一部輸送会社は貸切バスのビジネス活性化に大きく乗り出していきます。

大手私鉄の地方進出、バス業務の系列下の中、バスガイドといった業種が大きく取り入れられていた状況から、
女性の就労条件の改定など諸問題などから、昭和20年代後半よりワンマンバスの導入も著しく発達していきます。
貸切バス及び路線バスの活用は、昭和25年ころから、外国人観光客を対象として発展していき、頼れる輸送の手段としてそれからの10年間で業務実績は13倍へと拡張していきます。

バス輸送業務が最初に登場した明治、大正時代には輸送人員数が8名~12名と、今のバスの常識では果たしてバスと言っていいのか疑問なほど小さく、簡単な車両規模だったのに対し、機能面と輸送規模も、一般への浸透とともに拡大していきます。

戦後における貸切バスの役割

戦後は、高速道路などが長距離交通移動の本格的な機能導入に発展していく中、それまで市街地の移動手段だった市内電車やトローリーバスが廃止されるのと同じようにバスの移動体系が取り入れられていきます。
交通車両の大きな増大による渋滞や、様々な諸問題にも、観光バスや路線バスを運営する機関によって、それらに対応した対策システムの開発も進んでいきます。

ここまで、貸切バスと路線バスの運営形態について特に区別差別化せずに記述してまいりましたが、戦後、生活が豊かとなり生活面にいろいろと便利な、 様々な行事に対しての送迎や観光行楽での貸切バスの運用と一般の市民への普及は実質的に高度経済成長期時点から登場して現在に続いていると考えたほうがわかりやすいと思います。
確かに、大きな意味で貸切バスとは明治36年の内国勧業博覧会での移送に使われたものですが、今でいう貸切バスの意味合いとかニュアンスが異なっています。

わが国の歴史で輸送業務で大きく社会の利便性を追求したり実績をもっているのは鉄道ですが、違った意味で個人的に利用していてライトで扱いやすい点や柔軟なインターフェイスを持っているのは路線バスや観光においてなどの貸切バスなどのシステムです。

人体に例えて言うなら、動脈は鉄道、路線バスは毛細血管と言え、なかでも、長距離の移動に対応して観光業者などがツアーに取り入れています長距離大型バスにも含まれます、貸切バスは動脈とも毛細血管ともどちらもカバーする働きを持っているし、又元来それらが必要とされていると思います。
何より、輸送機関は時代ごとに変化してきています。

路面電車は今の時代一部の都市でしか、それも情緒とか風土の特色として使われているだけで本当の意味で輸送の要ではありません。
しかし貸切バス、路線バス区別なくバスとして機能面を見てみるなら、車両文化といったものによって、移送システムが成立している状況下では要となって重要視されるシステムだと思っています。

多くの利用大系、目的によって、貸切バスなどバス業務は特に路線バスでは地方の過疎化により交通体系に大きく見直しがされるようになっているのが現在の象徴された現象です。

ただいま満車のため、新規受注を停止しております。