特別先進装備について

各種、特別先進装備について

貸切バスについて、高速バスといった長距離を移送する車体が使用、適用されている場合が多く、路線バスを含めての、大型車両としてのカテゴリーに於いて、共通した先進の装備といったものがあります。

 大型バス、トラックなどには共通した装備、特に車体が比較的新型のものであれば、これより記述していく装備についての記事は、これから貸切、路線バスや高速バスなど中心に参考になっていくものと思います。

排気ブレーキとは

 高速バスやトラックなどでの装備に排気ブレーキと言ったものがあります。

 これらは、通常のエンジンブレーキ同様に、大きな車体を制動するシステムのものでして、車両の制動原理はエンジンブレーキと基本的に同じ理屈から構成されています。

これらは、エンジンの回転抵抗を利用したものでありまして、排気管の途中に設けられたバルブを閉じることで、排気圧力を高めて制動させるものです。

 これにより、エンジンブレーキの1.8倍の制動力を発揮すると言ったものです。

当社のバスですと当社のバスですと中型観光バス観光タイプのマイクロバス標準タイプのマイクロバスが装備しております。

リターダーとは

 次に、リターダー といった設備についてご紹介していきます。

リターダーについても、排気ブレーキ同様、ブレーキ補助システムと言ったもので、一部のシステムとしては永久磁石式リターダーというものがあります。。

システム上のメカニズムについて簡単に説明しますと、強力な磁力によりエンジンのプロペラシャフトを制御する仕組みのものです。

 これらによって、高速走行中や、長い下り坂や一般道でも車体の減速能力を持っており、ブレーキライニングやタイヤの長持ち効果などにも応用されています。

当社のバスですと中型観光バスが装備しております。

エアーサスペンションについて

 最後にご紹介するのは、エアサスペンションについてです。

システムとしては空気ばねと同一のシステム部品であります。

エアサスペンションは、空気ばねと協調させて使うことで大きな効果を出すことができます。

 この仕組みについて詳しく解説していきますと、貸切バスの乗り心地を追求したうえで開発されたシステムですし、この部品を身近に感じるには、市営バスなどに乗ってみることや、他にもトラックなどにもシステムとして組み込まれていると思います。

一般車両でも、外車や高級車にも装備されていることが多いです。

これら車体に組み込まれたシステムメカニズムの内部に空気を自在に出し入れしていくことができます。

 つまり、何のためにあるのかと言いますと、車両、特に大型車両では特別多い人数を乗車させることの多い貸切バスなどでは、多い人数を乗せると、車内の重量で車高が下がります、また、少ない人員で運転中は車高は上がります、こういった仕組みを空気ばねと言ったニュアンスでのメカニズムで、高速走行中の貸切バスの走行安定性を求めるためのシステムと言ったところです。

 これらによって、乗り心地は快適となって行きます。

当社のバスですと中型観光バス観光タイプのマイクロバスが装備しております。

快適な車内環境を期待される貸切バス

 貸切バスの走行中は、車内の環境を快適にしていくこと、とくに車中泊といったケースの適用されたバス運行などもビジネス取引商品として人気を誇っていますし、いろいろと快適すぎるに越したことが無いと言ったニーズが求められている、貸切バス、高速バスに於いては、これからも、次々と斬新なシステム導入がなされていくであろうことに注目していきたいと思います。

ただいま満車のため、新規受注を停止しております。